HOME > 講師ブログ

講師ブログ

リードからのお知らせ

幼小学部

中学部

高等部

ブログTOP

2009/11/16

200人中、199位。

希望ヶ丘校の島です。

200人中、199位。

これは、高校生になって初めて受けた校内テストでの私の順位です。
結果表を見たときは青ざめました。
「オレって、ギリギリで高校に入ったんだな」って。

3年間この高校でちゃんとやっていけるか不安でいっぱいになりました。
そんなとき、担任の先生がこう言ったのです。

「あとは昇っていくだけだね。」

だいぶ気持ちが楽になったのを覚えています。
なんか吹っ切れました。

高校では教科別に順位が出ます。
「何か1つでもいいから、上位に食い込みたい」
そう自分に言い聞かせて、勉強に励みました。

面白いことに、勉強は努力に比例します。
定期テストや模擬試験で少しずつ順位が上がっていきました。
そして、
高3時に模擬試験で校内トップ3(英語だけね)に入ったのです。

いやぁ、嬉しかったですよ。
「這い上がる」ってこういうことなんだって思った。
この経験は、今の自分の大きな自信となっています。

最近、こんな言葉を受験生からよく聞きます。

「○○高校に入ったって、どうせオレ、ギリギリだから、苦労するんで、××高校にする」

苦労って、何?
高校が人生最後の花道で、それ以上が無いのなら、わかるけど。
まだまだ、先は長いぞ。
どこに行っても、苦労はついてくる。
苦労と仲良く生きていく経験を、高校3年間で積んで欲しい、と
私は思います。
はちまき島1.JPG

がんばれ!

2009/11/16

11月16日

こんにちは高等部の松井です!
月曜日担当ということで今日も頑張ります!

さて、今日は何の日かということなのですが、調べてみたらあまりイメージしやすい事件
がなかったのでさっそくですが今回は予定変更で単純に僕が話したいことを書きます。

皆さん11月29日(日)からNHKで大河ドラマ『坂の上の雲』が放送されることを知っ
ていますか?
このドラマはなんと3年間もかけて全13回を放送することになっています。もちろん原
作は司馬遼太郎の代表作です。
この小説は今までに約2000万部売られたというのですから信じられないくらい多くの
人に読まれている超名作ということになりますよね。
昔から映画化・ドラマ化してほしいという声が強くあったのですが、そのスケールが大きす
ぎて映像に変えると話しが歪んでしまうということで司馬遼太郎自身が反対していたそうです。
僕自身もこの小説を読んだときにはその登場人物たちの魅力や戦闘シーンのダイナミックな
描写にえらく感動しました。

歴史的には無名な秋山兄弟と文学者の正岡子規が一応主人公ということになっていますが、
実際には日露戦争に関わった軍人・政治家・国民たちがテーマといっていいんじゃないで
しょうか。

僕個人的には満州軍総参謀長の児玉源太郎大将が大好きです。(彼の知略・決断力う~ん
カッコよすぎる。次に自分に息子ができたら名前は源太郎にしたいな。)

ちなみに児玉大将と乃木大将と東郷大将はその活躍が国を守ったということで神様になっ
てしまい、東京に乃木神社・東郷神社また江ノ島に児玉神社があります。(僕は三つと
も行きました。)

僕たちは小・中・高と学校で歴史を学びます。そこで、古代・中世・近世のことはけっこ
う覚えさせられるのですが、近代・現代のことはあまり教えられないので自分と歴史がど
うつながっているのか分からなくなることが多いのだと思います。
この『坂の上の雲』は日本がまさに近代の荒波に突入していくときの話しで、どこかで名
前を聞いたことのある人たちが実際に出てきて言葉を話します。

役に立つしとても面白いので是非皆さんビデオにとって見てください。

ではまた来週~!

2009/11/16

逆さ紅葉

どうも、瑞浪校舎の吉村です。
今回は、土岐市の曽木公園の紅葉のライトアップを見てきました。
毎年、この時期になると中日新聞の一面も飾ることあってたくさんの人出でした。
人の多さに負けることなく、紅、黄に変わった葉はきれいでした。
091115_182841.jpg
また、この公園の売りは、水面に写った『逆さ紅葉』でつい見とれると池に落ちそうでした。
091115_183400.jpg
※息子(2歳)はそこが水面と判らず、普通に歩いていこうとするので慌てました。
これを、見に行くといよいよ冬到来!(実際気温は7度とかでした。)
体調に気をつけて頑張りたいと思います。

2009/11/14

11月14日

こんにちは。高等部の石岡です。最近かなり冷え込んできましたね。
前回立冬ということでお話しさせていただきましたが本当にもう

              「冬」

といった感じになってきました。

さて、今日は何の日?ということですが、11月14日は過去にもあまり大きな事件はなかったそうです。
人類の歴史を考えると逆にこんな日は珍しいくらい無難な日といえるかもしれませんね!

あえて書くとすれば、
今日は陸上選手であるオスレイディス・メネンデスさんの誕生日だそうです。

メネンデスさんは、やり投げの歴史的な名選手で20歳で臨んだシドニーオリンピックで
早くも銅メダルを獲得しています。

その後彼女は、
女性としては初めて70mを越える71m54の世界記録を樹立しました。

これは、従来の世界記録(69m48)を
一気に2m以上更新するものであったそうです。

彼女の勢いは止まらず、1ヵ月後の世界選手権では
2位に4m近く差をつけて優勝しました。

20歳といえば、みなさんから見れば2~4年後先のことですね。
2~4年後にはこんなにも歴史的な偉業を成し遂げている人は
世界にはたくさんいるということです。

人間の可能性、成長の速さには僕もよく驚かされます。
勉強の世界でも同じですね。

みなさんも、まだまだ若く、可能性にあふれた若者たちです。
メンデネスさんのように歴史的な偉業を成し遂げる人も
もしかしたらこの中にもいるかもしれませんね。

これから、中間テストの時期になってきます。
勉強もスポーツと同様、結果が問われる厳しい世界です。

みなさんも、メンデネスさんのように自分の可能性を信じて、
最大限、できる限りの努力を日々行ってくださいね!

2009/11/13

紅葉だ、秋だ、いや冬です。

おはよう、こんにちは、こんばんは。
初めましての人は初めまして。
土岐駅前校で英語を担当している加藤です。
土岐駅前校で英語を担当している加藤です。

今日はなんと!
茨城県民の日だそうです!!

はい、というわけで先日、秋だ、紅葉だ、いやもう冬だ!!ということで校舎入り口の飾り付けを行いました。

k.jpg

月末には第2弾デコレーション予定です。
土岐駅前校舎の加藤でした。

2009/11/13

11月13日

こんにちは。高等部 多治見校舎の岡田です。

今日は何の日でしょうか?

1951年の今日、日本野球が米大リーグに初めて勝利したらしいです。今では日本人も大リーグで活躍する時代になったってすごいですよね。あとは、木村拓哉さん(SMAPの方)、倖田来未さんなどの誕生日だそうです。ちなみに、僕の父親もです。13日の金曜日に生まれたそうです。あっ、今日も13日の金曜日ですね・・・

と、まぁ関係ない話はさておき、今日は1・2年生に向けてのメッセージです。
今日は志望校についての話をしたいと思います。そもそも志望校って、早く決めろって言われるけど、なんでかわかりますか?結論から言うと、「勉強の活力」になるからです。ここに行きたいって目標があれば頑張れます。なければ頑張れません。目指さなければ合格なんて無理です。しかも、高校の学習量は半端な量ではありません。だから、早くから志望校を決めて、それに向かって頑張って欲しいのです。
ただ、現実には、早くから志望校を決めて頑張れる人は少ないですね。何ででしょう?ほとんどの人が行けたらいいなぁと思う大学はなんとなくあるはずなのに・・・それはズバリ!!「なんとなく」だからです!!例えば名古屋大学に行けたらいいなぁと思っても、名古屋大学という名前を知っているだけでは本当に目指そうなんて思いませんよね?見たことも、行ったこともない大学を目指して頑張れますか?要は大学のことをよく知らないから、志望校も決まらないし、決めているって思っていても頑張れないのです。
僕がみんなに改めて伝えたいのは、大学を自分の目で見て、感じて、そして心からそこに行きたいって思える志望校を見つけて欲しいということです。志望校が決まったその時、本当の受験勉強がスタートできると思いますよ。

まぁ何度か言っていることですが、改めて言わせていただきました。これを見て一人でも真剣に考えてくれたら嬉しいです!!

2009/11/13

sold out

みなさん、こんにちは!!
恵那校舎の英語担当、小島です。

英語科らしく、本日は(きっと)役に立つ英語のうんちくをお話します。
皆さんの中にはまだ習っていない学年の方もいるのかもしれませんが、英文法には「受身」
という分野があります。(中2の3学期に習います。)まずは、基礎の確認から!

『be動詞+動詞の過去分詞形(←そういう形があるんですw)』にすると『~される』という意味になります。例えば…

Everyone likes her. (みんな彼女のことが好きです。)
→She is liked by everyone. (彼女はみんなによって好かれています。)

と、なるわけです(ちなみに『by~』は『~によって』という意味です。)

さあ、基礎はここで終了!では、なぜそもそも「受身」という形が出来たのかをお伝えしますね。

英語は[○○○が○○○する]という構成が基本です。
この形でなんでも押し通そうとすると…世の中争いが起こりますw。

例えば、仕事でミスをして、「ミスがあったよ。」と上司から指摘されるケース…

Some mistakes were made. (ミスがあったよ。)←「いくつかミスがされる」ですね。

「受身」を使って、ただ「ミスがあった」という事実を伝えているだけですね。
これを英語の基本[○○○が○○○する]の形にすると…

You made some mistake! (おまえがミスった!)

という言い方になります。この言い方きついですよね?僕なら間違いなく凹みます。

ケース2
「sold out」って言葉聞いたことないですか?
アーティストのライブチケットが売り切れたときとかこう表現しますよね?
「売り切れ」って意味です。元々は

The tickets were sold out.(チケットは売り切れました。) って受身表現なんです。

これも[○○○が○○○する]の形に置き換えると…

We sold the tickets out! (私たち(店員)がそのチケットを売り切りました!)

…なんかイヤミですよねw。
お前たちの自慢はどうでもいいよ!ってなりませんか?

このように受身は「主語を言いたくない、隠したいときに使う」表現なんです。
よく「byは省略される」といいますが、もともと省略されて当然です。
受身にしてせっかく上手く主語を隠したのに

「Some mistakes were made … by you!(ミスがあったよ…おまえのせいで!!)」

「The tickets were sold out … by us!(チケットは売り切れました…わたしたちのおかげでね!)」

と、さらに協調されてしまいます。

英文法にはそれなりの意味があります。
こういうのを探していったりするのが英語の面白さの一つですよね。では、長々と失礼いたしました!

2009/11/12

楽しい算数

みなさん、こんにちは! 高等部の棚橋です。

先週告知したように、今日から「数学難問シリーズ」をやっていきます。
算数・数学が好きな方は是非頑張って解いてみてください。

さて、私はこれまで様々な問題を解いてきましたが、
その中にはすごくいい問題だと思えるものがたくさんありました。
いい問題といっても、それはテストによく出るとか、そういうことではありません。
どんな問題をいい問題というのかは人それぞれだと思いますが、
私の言う、ここでの「良問」とは、以下を満たす問題のことです。

・高度な知識を必要としない
・問題自体の解釈が容易
・パッと見では簡単そうだが、実は難しい

こういう問題は、やっててすごく楽しいです。
これらを満たす問題を知っている方がいたら、是非教えてください!

では、問題です。
次の図において、∠a + ∠b の大きさを求めよ。

q1.jpg

 

高校2年以上の知識があれば、ある定理を使うことによって
とても簡単に求めることができます。
しかし、実はこの問題、小学校で習う知識だけで解くことが可能なのです!
そういうわけで、数学というよりは算数ですね。まさに良問です。
ただ、小学校の知識だけでいいといっても、かなり難しいですよ。
是非チャレンジしてみてください。

来週は、解答編です。
それでは、また来週!!

2009/11/12

日本一!!

005_4.jpg

こんばんは。もしくはこんにちは。

可児・西可児校舎の理科を教えている巨人ファン・坂本です。

 

先週、土曜日のことになりますが、見事、読売ジャイアンツが日本シリーズで日本ハムをやぶり、日本一に輝きました!!

バンザーイ!! パチパチ! オメデトー!

土曜日は可児校舎で中3の授業があったので、さすがに結果が気になって家に帰る前にケータイでスポーツニュースを見ました。

 

昨年は絶対日本一になってくれると信じていた中で、西武に負けてしまったので本当に嬉しいですね。

さて。次はアジア一だ! と思っていたんですが、今年はアジアシリーズがないんですね……。

韓国一に輝いたKIAタイガーズと日韓クラブチャンピオンシップで14日に対決します。

これが事実上のアジア一決定戦ですね。

 

どうしても日本シリーズにばかり注目が集まって、日韓戦について報道されませんね。

でも、今も巨人の選手たちは韓国タイガース戦にむけて練習をしています。

日本シリーズが終わって「はー、終わったー」にならず、モチベーションを維持して一週間を過ごすのは大変だと思います。

そこはさすがプロだなぁと思いますね。それから日本12球団の代表というプライドもあるんでしょう。

今の中学3年生は、今月岐阜新聞テストがあって、さらに期末テストもあるから何となく状況が似てるかな。

最後の最後まで気持ちを切らさず努力し続けてほしいっ!

 

さて。今年ジャイアンツは7年ぶりの日本一になりました。

日本のトップ、1位をとったわけです。

2007年にリーグ優勝しながらクライマックスシリーズでドラゴンズに敗れ、

2008年はクライマックスを突破しつつも日本シリーズ最終7戦までもつれた末に負けてしまいました。

そして今年、クライマックスも日本シリーズも勝って頂点まで登りつめました。

原監督は来年、2年連続の日本一を目指すと話していました。

一番になっても次へ次へと目標を立ててやっていくことは、何に対しても共通してとるべき姿ですよね。

 

僕は中学時代から理科が一番の得意科目で、本当に自信を持っていました。

その自信から、僕は理科のテストの点数で一番を目指すようになりました。

最初は仲のいい数人の友達の中で一番をとりました。

次にクラスで一番を目指すようになりました。

そうしていく内に、80点台だった理科の点数は90点台に上がりました。

そしてクラス1位が当たり前になってくると、今度は学年1位を狙いました。

ステージが上がれば上がるほど、それをとるのは大変になります。

学年1位を狙うようになった頃には、塾でも理科1位、点数は100点をとれるかとれないかというレベルにまでなっていました。

誰だって5教科の中で得意な科目がひとつはあるはずです。

学校に通っている間はみんな勉強することは変わらないのだから

生徒たちも自分の「得意」で上位を目指し、さらにトップを狙っていってほしいですね。

 

 

2009/11/11

11月11日

こんばんわicon高等部の安藤ですicon

 

今日、11月11日が「ポッキーの日」というのは、有名な話でみなさん知っていると思いますが

(私はいちごつぶつぶポッキーが好きですicon

今日は「チーズの日」でもあるそうですよicon知っていましたか?

実はこのチーズ、受験生にとてもおすすめしたい食品ですicon

 

チーズは、集中力維持に効果のあるビタミンB12と、カルシウムが摂れる最強の食品icon・・・らしいです

ビタミンB12は、神経細胞内の核酸などの修復や合成に関わっているそうで、脳内の神経細胞をベストコンディションにして

常に正しくスピーティーな脳細胞の情報伝達リレーができるためには、ビタミンB12の欠乏は大敵だそうですよicon
そしてそして、ビタミンB12は疲労回復を助ける効果もあるそうですicon

誰でも疲れてくると集中力は低下してしまうので、ビタミンB12が不足すると疲労による集中力低下も起こってしまいますicon
さらに、ビタミンB12はカルシウムと結合して腸から吸収されるそうなので、カルシウムもきちんと摂る必要がありますiconカルシウムは脳の過剰な興奮を抑えてイライラを解消してくれるそうなので、集中できないときには意識的に摂るといいですよicon

 

と、まぁこんな感じで、チーズは、受験生のみなさんにピッタリですよねicon

イライラを解消という意味では、私にもピッタリiconなんて、私はイライラなんてしませんよicon

チーズは手軽に摂れるので、最近集中できないなという方は、ぜひどうぞicon

チーズパワーで、集中力UPと、疲労回復だぁicon

 

それでは、またicon

 

 

 

 

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください