HOME > 講師ブログ > 泣きながら@忠節

講師ブログ

2017/10/12

泣きながら@忠節

 

こんばんは、高等部忠節校舎の佳山です。

 

 

忠節校舎の生徒で、今回の前期期末の評定次第で推薦入試が受けられるかどうかが決まる生徒がいます。 評定がほんのちょっと足りなくて、今回でなんとか数学4を達成できるかどうかがポイントでした。

 

 

その生徒が、泣きながら校舎に入ってきて

 

 

その泣き顔を見ると、「あ。。。ダメやったか。。」って悟りまして

 

 

今後のスケジュールをどうしていくかと考えながら

 

 

生徒:「先生、ちょっと話いいですか?」

 

佳山:「うん、面談室で話しよっか」

 

佳山:「評定たりんかった? 数学の評定は?」

 

生徒:「先生、推薦受けれます!涙」

 

佳山:「えっ。。 それうれし泣きなんや。」

 

生徒:「担任から、推薦受けれるから、書類だしって言われて。涙」

 

佳山:「ほんとに良かったやん!」

 

生徒:「先生、ほんとっ リードに入ってよかったです。 ほんとにありがとうございました!!!!!」

 

佳山:「いやいや、まだ推薦受けれるだけで、合格してないし。」

 

生徒:「そうなんですけど、ほんとに推薦受けれるか、ここ1週間全然、寝れなくて、明日結果がでるんですけど、ダメやったらどうしようかと思って・・・・・ 明日の金曜日のために自分宛に手紙まで書いたんですよ。」

 

佳山:「自分宛の手紙ってなに?」

 

生徒:「ダメだった時のように自分を励ます手紙です。」

 

佳山:「そ、そうか」

 

生徒:「いやぁ ほんとにうれしいです。 ほんとにありがとうございました。涙」

 

泣きながら笑いながら、なんかドラマチックに推薦が受けれるようになりました。

 

 

推薦が受けれるか受けれないか、それだけでは言い表せないくらいいろいろなことがありました。 失礼な言葉かもしれませんが、目標に向かって愚直に努力をするんですが、ちょっとおっちょこちょいなところがあって、いろんな人が助けたり励ましたりと周りを巻き込んでいくタイプの生徒かなと思います。

 

 

推薦が受けることを、これほどまでに喜んだことを見ていますと、試験が終わって今日までの期間、ほんとに悩んで苦しんでいたんだなぁと思いました。 もうちょっとフォローしてあげたほうが良かったかなと。 まぁでも、結果が良かったので、

 

 

あとは筆記試験と面接突破して、合格しましょう!!  未来のお医者さん、がんばれ~☆

 

 

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

まずはお気軽にお問い合わせください