HOME > 講師ブログ

講師ブログ

リードからのお知らせ

幼小学部

中学部

高等部

ブログTOP

日別アーカイブ: 2017年8月8日

2017/08/08

【特別講座】プログラミングプラス! 第2・3回

  みなさんこんにちは!   Dr.Aです☆     夏期講習特別講座! プログラミングプラス! ということで、第3回まできました!     第3回は台風の中きてくれて 本当にありがとう!   ドクターたちはとってもうれしいです♪     さてさて、 第2回のみんなのがんばりと 第3回のみんなのがんばりをまとめて かいていきます!   【第2回】 第2回はジャンプという命令をだしていきました! ジャンプというと・・・オゾボットが飛ぶ?! と思ったかもしれませんが 実はこれは、線のないところを通るという命令でしたね! この新しい命令を使って問題を解いていきました。   この3つを行っていきました。 今知っているコマンドを使って みんな一生懸命考えてくれました。 その考えるってことが、 とてもプログラミングという勉強をするためには 大事になってきます。 間違えてもいいんだよ! 間違えて考えてやり直して試して・・・ これを根気よくやってみてほしいなって思います。   あとは、かくしコマンドをDr.Kから教えてもらって … 続きを読む

2017/08/08

夏休み推薦図書5/進研模試結果@忠節

  こんにちは、高等部忠節校舎の佳山です。     最後の推薦図書です。読書感想文がまだな高1生は是非読んでみましょう。今回お薦めする本は、500ページほどあるので、興味のある章だけ読んでもいいかなと思います。文系の人もぜひ★         ☆夏休み推薦図書☆ 対象:理系 文系も是非 書籍:「2100年の科学ライフ」 NHK出版 読みやすさ:★★★★☆(文系の人でも大丈夫) お薦め内容: 皆さんは、2100年まで生きているでしょうか? 人の平均寿命はまだまだ確実に伸びます。平均寿命が100歳というのも遠い未来ではなく、70歳80歳であっても元気な時代がくるかもしれません。 科学テクノロジーが限界に達しつつあるという人もいますが、科学の進歩は誰にも予測できず、歴史を見ると科学進歩はいつも過小評価されてきました。 「未来についての予言は、わずかな例外を除けば、つねにテクノロジーの進歩のペースを過小評価している。何度もいわれるように、歴史を残すのは楽観論者であって、悲観論者ではない。」(本書引用) 技術楽観論者になるべきとはいいませんが、SF作家でも想像できないほど、科学の技術は進歩してきます。 あと50年で核融合システムが実用化できると、人類のエネルギー問題はほぼ解決し、無限大のエネルギーを使い、星間旅行も可能となります。 また、あと100年後には、ウェラブルコンピューターがありとあらゆるところに搭載され、心で念じるだけで物が動かす(PK:サイコキネシス)世界もやってくるといわれています。 この本はSF本の類ではなく、現在第一線で活躍する多くの研究者と技術者から得られた知見をもとに書かれた本です。 この本を読んで未来に希望をもつのもいいですし、この本に書かれている技術が将来使われるなら、おそらく君たちがその技術の実用化に向け研究開発することを期待されているので、それに携わりたいと思ってもいいです。 文系の人へ 文系の学部は大きく分けて、社会科学(経済学、商学、経営学など)と人文科学(文学、芸術学、心理学、教育学)に分かれます。理系の自然科学・応用科学は自然現象や技術を研究対象としますが、文系の社会科学・人文学は人そのものまたは人の所産を研究対象とします。 なぜ、理系と文系に分かれたかといいますと、極論になりますが、近現代の科学力では人の行動や人そのものを科学的に研究できなかったからです。 そもそも、人がなぜそような行動をとるのか、今の科学でもシュミレーションすることは不可能です。人の心理を数学で解析することも不可能ということも分かりますよね。 自然現象の解明なら、予測して実験して実証して検証するといった科学的なアプローチがとれるんですが、人の行動は不確定要素が多すぎて科学的なアプローチはとれません。 個人的には、人の行為や心理を検証することは、どれほど難解な科学理論よりも高度で難しいことなんだと思っています。 文系の人に求められているのは、膨大な文献を読み今までの傾向を把握し、歴史を研究することで人がとってきた行動と結果を鑑み、総合的に判断することが求められると思います。 そして、現代と近未来において、今まで出来なかった人の心理と行動の解析が、ウェラブルコンピューターによるビッグデータや統計学でできつつあります。文系の学問分野であった経済学や心理学において、科学的なアプローチが試されつつあります。 1年生のときに物理基礎で理系が嫌になった、数学で嫌になったなどで文系を選択した生徒もいると思いますが、一時の苦手意識で今後もずっと避けるのは機会損失につながります。 大学を文系に進みその後の就職で、医薬品や先端技術を提供する会社で働くかもしれません。 その医薬品や技術を開発できなくとも、科学のリテラシーは必要です。 文系学部だから科学テクノロジーの知識はいらないではなく、今後の将来必要になってきて、その知識があれば強みになると思ってください。     /////////////////////////////////////   進研模試の結果がネットで見れるようになっています。 岐阜高1はまだIDとかもらってないので見れないかな。     結果をみた生徒に聞き取りすると     岐阜北高2は3教科総合 2位 / 3位 / 3位 が現段階でいました☆ パチパチ     3位の生徒は文系で、文系で学年1位だったそうです★ 2位の生徒はいつも10位で1桁になかなか入れなかったんですが、躍進してくれました! 3位二人の生徒も成績伸ばしてランクインです☆  あともう一人ランクインしそうかな。      

まずはお気軽にお問い合わせください