HOME > 講師ブログ

講師ブログ

リードからのお知らせ

幼小学部

中学部

高等部

ブログTOP

月別アーカイブ: 3月 2011

2011/03/19

平成23年度 卒塾生へ 島より

みなさん、こんにちは。希望ヶ丘校舎の島です。   H23・卒塾生へ   受験を通して感じたものを、今後の人生の糧にして下さい。 そして「感謝」の気持ちを忘れず、支えてくれた家族を大事にして下さい。   リードに通うにあたり、 自分のやりたいことを二の次にして、皆さんを第一に考えてくれた家族の方々がいます。 送迎のためお酒を控えたり、観たいテレビを我慢したり、皆さんより早く起きて食事の準備をしたり・・・ それ以外のことも、皆さんに気付かれないように色々とやってくれてたと思います。 「感謝」の気持ち、忘れずに。   私が中学生だった時、阪神大震災がありました。 自分と同い年の尊い命が失われていくニュースを見て、 自分が如何に恵まれていて、何もしていないのかを、その時感じました。 自分が恥ずかしく思いました。 しかし、それがきっかけで受験勉強に身が入るようになりました。   大学生になって、震災にあった関西出身の学生たちと友達になりました。 彼らを通して改めて色々なことを感じました。   東北地方で大震災がありました。 卒塾した皆さんも、社会に出るにつれて、震災に見舞われた同世代の友人ができます。 想像してみて下さい。 彼らが今、どんな状況にいるのか、を。   卒塾生へ、 今まで本当にありがとうございました。 これからも応援しています。 いつでも顔を出しに来てください。

2011/03/16

3月15日

今日で1年間の授業が全て終了した。 昨年の春期講習から美濃加茂校舎がスタートし、本当にあっという間の1年だった。 いい生徒に恵まれたなと思う。 明日は中3生の合格発表。全員受かっていることを願って、今薄暗い誰もいない教務室で このブログを書いている。 日本が大変なこの時期に、自分に何が出来るのか、皆そう考えていると思う。 明日の合格会は、1年間死に物狂いで頑張った生徒達をしっかりと労いたいと思う。   勉強をしたくてもできない子ども達が、同じ国内にいる。僕達は何て恵まれているのか。 当たり前のことに、こんなにも感謝する。 だからこそ、僕達は、今目の前にあることに全力で向かっていくべきだと思う。 「どうせ宿題やっても勉強しても無駄だ」 そんな調子だった生徒を、本気で叱った。叱っているうちに自分も涙していた。   子どもたちは、今こそ、被災者の分まで、必死に勉学に励むべきだと思います。 必死に勉強し、東大に行き、国を動かすリーダーが、自分の教え子から出てきてほしい。 今日は、生徒達に自分の思いを伝えた。どれくらい伝わったか分からないが、 真剣に聴いてくれたと思う。   目の前の課題1つが、テスト1つが、未来につながっている。僕は本気でそう思っています。 これからも、生徒達に本気でぶつかって想いを伝えたい、そう思います。   美濃加茂校舎長。

2011/03/08

ありがとう!~似顔絵コンテスト~

こんにちは!美濃加茂校舎です 少しずつ春の訪れを感じるようになりました。 花粉症の人はマスクやメガネが手放せない時期ですね! 今月に入り、美濃加茂校舎では、 『春よ、来い!小学生似顔絵コンテスト』 を行いました     みんな、たくさんのイラストをありがとう~ 小学4年生の子たちは、それぞれ違う先生を描いてくれて、どの先生もそっくり! 5年生の子は可愛いらしくて、やさしい堀先生を描いてくれました レッツの6年生は何枚も描いてくれて、色鉛筆でカラフルに仕上げてくれました 本当にありがとう 中学生の子もこっそり参加してくれて、絵の横に「堀先生大好き!」とメッセージまで… わたくし、感涙です!! わたしもみんなが大好きです 春休みもよろしくお願いします   まだまだ皆さんからの似顔絵どしどし待ってます

2011/03/01

松井の日本史(1)

こんにちは!高等部の松井です! 今回は僕が担当させてもらいます。   これから、シリーズとして日本史のエッセイを書いていこうと思います。日本史に興味がある人・受験 に使う人は是非読んでもらいたいです。「織田信長」や「第二次世界大戦」の記事が楽しみですね。   今回、第一回は『聖徳太子の偉業』です。   聖徳太子(574~622)は推古天皇の時代に摂政をしていた天才政治家といえますが、その偉業で 代表的なものは以下などになるでしょう。   ①『十七条の憲法の制定』!・・・日本が政治システムを形成する上でとても先見性に満ちた 初めての法律。第一条の「和を以って尊しと為す」(人と付き合っていくのにむやみに争わず譲りあう ことを第一としなさい。)は平和を愛する日本の国民性を決定的に確認してくれた世界的に見たら奇跡 的な一文といえるでしょう。この一文の意味は確実に今までの日本の歴史・社会に現れています。   ②『冠位十二階』!・・・個人の才能や功績をに応じて位階を与える制度。7世紀にして、驚くべき 近代的な官僚の登用制度を既に考案していました。   ③『中国との対等外交』!・・・当時の日本にしてみたら、アリ対巨人に当たる中国は本来ならば 朝鮮のように隷属しなければいけない国でした。しかし、太子は遣唐使を派遣して、”タメ口をぶちかます” ことになる「日出るところの天子、書を日没するところの天子に致す」という危険な文面を送りました。それ は皇帝の煬帝をぶち切れさせたのですが、巧妙な政治的タイミングを利用して見事に対等外交に持ち込 みました。日本は中国に隷属するような薄っぺらい文化の国じゃないと未来を予想できていたのでしょうね。 その功績が以降の歴史に解答を出してくれています。     活字にしてしまうと堅いことを言っているようで嫌のですが、単純に世界規模で見てこんな天才を持てた ことは日本の奇跡だとみなさん誇りに思ってください!       次回は『天智天皇』です!    

まずはお気軽にお問い合わせください